×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン銀行融資

私は12年間、注文住宅の営業の仕事をしてきました。経験を元に住宅ローンについて書いたページです。時代の流れと共に融資先の商品も変化してきていますが、基本的な部分は何にも違っていません。私が思うにお客さんはもっと上手に住宅会社の人間を利用すべきです。いい関係を気づいて自分が有利に事を運んでください。同じ条件でも進め方によって結果が違ってくることって実際にありますからね。

住宅ローン 審査

住宅ローン。マイホームを取得する上で殆どの人が利用します。購入する家や土地の担保評価や申込する方の総合的な審査など、住宅ローンをスムーズに進めるにはまずは、住宅ローンというものを知らないといけません。住宅ローンの借入れ可能額は、年収に対して年間の返済額が何パーセントになっているか?(返済負担率)が、大きなポイントになってきます。例えば年収が600万円で毎月の支払額が12万円の場合、年間の返済額は144万円ですから、返済負担率は144万円÷600万円で24%ということです。銀行では年収によってこの返済負担率を段階的にランク分けしているケースが多く、年収が多いほど返済負担率のパーセントも高くなります。その他、勤続年数に制限を付けていたりなど、銀行ごとの融資商品によって様々な条件がありますから、最初に内容の確認は必要です。住宅ローンの内容を確認するのに何処の銀行へ行こうか?迷っている場合は、ご自分がメインで利用している銀行(給与振込みなど)に行ってみるのが良いです。“実績”という部分も住宅ローンでは大事な要素になります。


マイルがたまるカード